So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Eric Clapton Japan Tour 2006 (24/Nov) [LIVE2006]

 

いや、ちょっとそれはないんじゃない?。
「Layla」を演る前にだってノリノリになれる曲は沢山あったでしょ?
せっかくアリーナにいるんだったらさぁ・・・。
てっきりアリーナは「立っちゃダメ」と主催者から御達しが出ていたのかと思ってましたよ、私は。
と、1階スタンドから座りっぱなしで眺めていたコンサート。
***********************
前回'03年のライブと比較すると正直な話いい意味でも悪い意味でも「こじんまりまとめちゃった」って印象がぬぐえない。
何が違うんだろって帰りの新幹線の中でずーっと(うそ、ちょっとだけ)考えてみたけど・・・
(1)選曲かな?
私が一番聴きたかった「Bell Bottom Blues」を演ってくれなかったから?
私が一番一緒に唄いたかった「Sunshine of your love」を演ってくれなかったから?
私が前回一番びっくりした「Over the rainbow」のような驚きがなかったから?
(2)リズム隊かな?
今回のリズム隊は私のようにP.McCartney&R.Starr、C.Moulding&T.Chambersしか思い浮かばん輩でも名前は知っているWillie Weeks & Steve Jordan。
W.WeeksってG.Harrisonのアルバムに結構参加してた人だよね確か。
とにかく上手かった。
すごーいグルーブ。
ヘンな言い方だけど存在感が全く無いくらい凄い。
で、あまりにリズム隊が素晴らしいが故に「こじんまりまとまった」・・・そんなわけねーな。
N.East&S.Gaddだって凄いし。 あっ、ジジイ度の違いはあるかな!これかもしれない。
***********************
(思ったこと)
・やっぱり武道館はステージまでの距離が近くて良いよね。座席の幅がもうちょっとあれば尚コンサート会場としてはいいんだけどね。
・Derek Trucksのギタープレイ。私はスライドよりも「Cocaine」(だったと思うけど)で魅せたフィンガーピッキングのプレイの方が圧倒的に素晴らしかった。
・え?Goodsですか・・・Tシャツに

こんなのや 

こんなのを  買っちゃいました。

結局12/2さいたまスーパーアリーナとダブって取れちゃったので12/2は友人に譲り武道館に参戦。12/2はアルビ最終戦に参戦です。クラプトンさんまた来てね。今度は「B.B.Blues」演ってね。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Elvis Costello Japan tour 2006 [LIVE2006]

予習不足だ・・・
コステロ先生が今はあんなことをやってるなんて・・・

********************************************************

ライヴ会場は東京国際フォーラムのホールA。
私がライブ開場として足を運ぶのは初めての場所でしたが東京駅から極近く至極便利。今日は時間がなく観れませんでしたが建物の中には相田みつを美術館などもありました。ただ、タバコを吸う人間には冷たい場所です・・・

********************************************************

さてライブ。
客層が違うぞ!私の隣はお上品(そうな)方々。どうも話を聞いてるとコステロの曲が映画主題歌に使われたようでそれを聴きに来たみたい・・・(なんだっけ?最近そんなことしてたんだっけ?)。おまけにそのオバ様はクラシックが本当は好きで、エルビスプレスリーも好きなんですと話しかけてくる始末(どうも、エルビスコステロをプレスリーの物真似と思ってチケットを買ったような話しっぷり。おまけに「プレスリーの後から出てきたイギリスの・・えーっと何ていいましたっけ?」と訊いてくるので「ビートルズですね」と答えると「そうそう、全然プレスリーの足元にもおよびませんよねぇ」だって・・・。「ははは、そうですね」と大人の受け答えをしてしまいましたが心中(そーじゃねーだろ!彼らを神と崇めてる人間になんてこと言ってんだ!)と思っていたのは否定いたしません。

こんな感じでは必然的に、Tears in heavenが大ヒットした直後のクラプトンのライブで彼がライブの前半でバリバリのブルースを演ったみたいにコステロもいい意味で裏切ってやってくれと思いましたが、ステージには既にフルオーケストラの準備が・・・
恥ずかしながらフルオーケストラの生演奏、初めて聴きました(正確に言うとあれがフルオーケストラなのかさえも私にはわからないが、演者が沢山いたからきっとフルオーケストラに違いない)。オーケストラ主体の1部が約1時間。心地よい睡魔が襲います。その後20分の休憩を挟んでオケをバックに人のいいオヤジが唄う2部が始まるという構成で行われました。神様との共作「Veronica」を生ギターとピアノで演った以外は全部オケがバックを努めます。
山越えの最終新幹線の時間の関係上「Alison」が終ったところで開場を後にしましたが(22:00ころまで演ったらしいですが・・・)、まず、コステロの歌声(声質)が以前ほどクセがなくなった気がします。昔はこの人の声、好き嫌いがはっきりしてたと思いますけど、今日聴いたら唄の上手いおやじでしたね。ほんと、心地よい歌声だったです。

でもね、ホントにホントのこと言うと・・・・
①せめて♪Alison、my aim is trueくらい大合唱したかったよぉ、上司の送別会蹴飛ばして行ったんだからさぁ。
②「Shipbuilding」聴きたかったなぁ・・・。
③MCがよくわかんねーぞ!(うぐっ、お前が英語勉強せいよ!ってか・・)
④わたしゃこんなおしゃれなコステロはもう観たくねえ。
⑤なんでコステロは最後まで観れないんだ?
 以前も前座(ロンセクスミス)があって途中で帰った覚えがあるぞ!

  my aim is true


 


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Rolling Stones A Bigger Bang Tour 3/24 [LIVE2006]

 東京ドームは音が悪いとか(確かに悪いが)、招聘元がどうたらとか(確かに場内整理は酷かったが)、いろいろ話はありますがこの人達の伝統芸能の域にあるステージが始まってしまえば関係ありません。

  

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

Rolling Stonesのチケット・・・ [LIVE2006]

この画面を出すまで2時間30分

左手に携帯電話。

右手にマウス。

 オンライン予約の画面はビジー・・・。

電話はNTTの「ただいま大変混み合っております・・・」のテープが流れ続け・・・。

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。